NEWS & BLOG

横浜のこと

夏のマスクにご注意を。熱中症の症状・予防対策を改めて確認しよう

2020.6.17

コロナ騒動と共に、あっという間に過ぎてしまった春。

最近では、気温30度を超える地域も徐々に出始めています。

気温・湿度の高い中でマスクを着用することへの不快感、熱中症への不安を感じている方も、少なくないのではないでしょうか。

2020年6月5日の神奈川新聞内で、横浜市消防局は「マスクは呼気で熱や湿気がこもりやすく、知らないうちに体温上昇や脱水症状を引き起こす恐れがある」とコメントしています。

暑さが本番を迎える前に、熱中症の症状・具体的な対策方法を確認しておきましょう。

まずは熱中症の症状をおさらい

熱中症とは、気温の高い環境にいることで、体の水分・塩分バランスが崩れることにより引き起こされる症状のことです。

熱中症には、主に下記のような症状があげられます。

・顔のほてり
・水分補給ができない
・めまい、立ちくらみ、失神
・筋肉痛、筋肉の痙攣、筋肉の硬直
・まったく汗をかかない、過剰な発汗などの汗の異常
・体のだるさ、吐き気、嘔吐、頭痛
・体に触れると熱い(高体温)
・手足の運動障害、意識障害

熱中症が疑われる場合、涼しい場所に移動する・水分や電解質の補給をするなどの応急処置を行うことになります。

また、重篤な症状が出ている場合には、ただちに救急車で医療機関への受診が必要です。

マスク着用により、いつも以上に熱中症患者が増えると予想されている今年の夏。

突然のことに慌ててしわないためにも、今のうちに症状・対処法を改めて確認しておきましょう。

熱中症の症状 | 熱中症について学ぼう

熱中症の症状・原因|くすりと健康の情報局

熱中症が疑われる時の応急処置

厚生労働省が提示しているコロナ流行下の熱中症予防

厚生労働省の公式HPでは、マスクを着用して外出をする場合、下記のような対策を取るように呼び掛けています。

・屋外で人との距離が2メートル以上取れる場合には、マスクを外す
・マスクを着用する際には、強い負荷がかかる作業・運動を避ける
・人との距離が十分に取れる場所では、マスクを一時的に外して休憩する

今年の夏は、ソーシャルディスタンスを心掛けながらも、熱中症にならないように配慮する必要があります。

もし体調が悪いと感じたら無理に外出せず、自宅で療養するようにしましょう。

マスクなしの屋内でも熱中症対策は必要

上記では屋外での対処法を紹介しましたが、熱中症は屋内での発症も多いと言われているものです。

マスクの有無、屋外・屋内に関わらず、下記のような対策も忘れないようにしましょう。

・気温、湿度をチェックする
・水分をこまめにとる
・適度に塩分を取る
・バランスの良い食事、適度な睡眠をとる
・涼しい服装をする
・帽子、日傘を使う

最近では様々な冷却グッズのほか、塩分・ミネラル補給が簡単にできるタブレットなども販売されています。

取り入れられるものは積極的に取り入れ、マスクをしている状態でもできるだけ快適に過ごせるように、工夫をしていきましょう!

熱中症の予防・対策 | 熱中症について学ぼう

熱中症からカラダを守ろう|大塚製薬

SUPPORT

FAQ

よくある質問

TECHNICAL TERM

用語集

AFTERCARE

アフターケア

CONTACT / ACCESS

TEL
045-264-8998
OPEN
09:00 - 17:00
ADDRESS

〒231-0861
神奈川県横浜市中区
元町3丁目138
みなとみらい線
「元町・中華街」駅
5番出口(元町口)
より徒歩7分